FCオーナー候補者様へのご提案
《新たな食文化を築く》
アメリカでは、第三のファーストフードと呼ばれ、巨大なマーケットを誇るタコス。ようやく日本でも食文化として定着してきました。日本でのタコスチェーンの先駆者「ジェリーズ・ウノ」がついに全国展開に踏み切りました。タコスチェーン経営のノウハウを、夢と独立心に溢れたあなたに提供します。初期投資は2年での回収をめざします。

近年学園祭などでは模擬店としてタコスを販売する大学や高校が増えています。また留学生の増加によりアメリカンフードへの理解も深まり、沖縄料理屋ではタコライスは定番、簡単なタコス類をサイドメニューとして加えているレストランもたくさんあります。

タコスが日本の食文化に浸透する基盤はできあがりました。肉や魚などの好きな食材を野菜とともにトルティーヤに巻いて食べるという完全栄養食であり、手軽でしかも食欲のないときでも食べられるというタコスは、日本の食文化の中で確固たる一分野を築きつつあります。

同時にコンビニなどで売られている商品を見てもわかるとおり、タコスの真価からはほど遠い商品が多いという現状もあります。ジェリーズウノは 開業以来14年、本物のタコスのすばらしさを日本の皆様に知っていただきたいという想いから、 営業を続けてきました。「タコス」という言葉さえ一般には知られていない時期から始めた地道な営業、宣伝活動が実を結び、現在は11店舗体制(直営・FC含む)で運営しています。

「アメリカで流行ったものは必ず日本でも流行る」「タコ スは日本でも必ず拡がる」誰もがこう考えるのは当然。しかし、形だけの商品は受け入れられませんでした。莫大なタコス市場を誇るアメリカとは比べるべくもありませんが、日本においてタコスが認知され始めたのもまた事実。
 
ジェリーズウノはタコス専門店14年のノウハウを皆様に提供し、タコスという食文化を日本に浸透させるため、FC展開を推進することにいたしました。認知され始めたにもかかわらず、専門店がほとんどない今がチャンスです。
時代を担うフロンティアとして、ジェリーズウノをあなたの街にオープンしませんか?

Copyright uno-j.com All Right Reserved